ペットショップで新しい家族と出会う|癒やしを与えてくれます

メンズ

国内原産の犬種

柴犬

国内産の犬の中で人気の高い種類が柴犬です。実は柴犬は天然記念物に指定されている程純血種が少なく、住んでいる地域によって体型や毛色が異なります。毛色は赤や黒、ごま、白色の四種類あり、毛のタイプも太刀尾や薙刀尾などと違いがあります。またキツネ顔やたぬき顔など顔のタイプにも違いがあり、それぞれ個性的な表情を飼い主に見せてくれます。また、最近では豆柴という小さい柴犬の人気も急上昇していて、体高が30センチ程しかないので、家の面積が小さい集合住宅に住んでいる人でも飼育しやすくなっています。柴犬はユニークな表情や動きをしますが基本的に物覚えは良く、小柄にも関わらずとても勇敢な性格をしています。また、日頃一緒に暮らしている家族に対しては友好的で懐くのですが、関わりが薄い人に対してはあまり関心を示しません。

柴犬をペットとして飼育する場合、気をつけるべきポイントがあります。昔は狩猟犬として使役されていた柴犬は本能的に他者を攻撃することを躊躇わないため、噛み癖をつけてしまうとその後のしつけがやりにくくなってしまいます。そのため、甘噛みであってもなるべく手は簡単に噛ませないように意識しましょう。また、柴犬は興奮状態になると尻尾や耳の動きが変化したり、背中の毛が逆立ったりするので、初めて会う人や犬と対面した場合はトラブルが起こる前に体の変化を見極めて、犬の精神状態を把握しましょう。また、柴犬は暑さや寒さ、湿気など気候の変化に臨機応変に対応できるのですが、屋外で飼育する場合は犬小屋を常に清潔に保ってあげるべきです。さらに、与える餌は質の良いドッグフードを選び、人間が普段食べているような食事を与えないようにしましょう。