概要管理

概要管理は、dec75,000の下で、または被相続人が二年以上死んでいたときに団地の管理のために利用可能な手順です。 これは、個人的な代表者の任命の必要性を回避します。 それは、遺言または法律の下でそれを受ける権利を有する者に被相続人の資産の分配を命じるために裁判所に請願することによって達成される。 裁判所が請願書が適切であると判断した場合、資産が適切な受益者に分配されることを承認する要約管理命令を発行する。

要約管理を使用する資格があり、選択すると、プロセスが非常に簡素化されます。 正式な管理は、フロリダ州の法律の下で完了するために最低5ヶ月かかり、ルーチンの検認団地が1年以上続くことは珍しいことではありません。 要約管理手続きは数ヶ月で完了することができます。 これは、個人的な代表者を任命する必要はありません、債権者に通知する必要はありませんし、何の三ヶ月の請求期間がないためです。 裁判所は、誰が被相続人の遺言検認不動産の分配を受ける権利があるかを示す命令を出すだけです。

その値が7 75,000未満であるため、不動産が要約管理の資格がある場合は、不動産のすべての請求または債務が支払われているか、支払いの したがって、要約管理の請願書では、被相続人が支払っていない債務や支払いの規定が行われていないことを知っていることを裁判所に証明します。 要約管理の命令が出されると、申立人は被相続人の財産に対するすべての合法的な請求および要求に対して個人的に責任を負うようになるため、これは重要です。 しかし、この責任は、申立人が実際に受け取った不動産財産の総額を超えることはできません。

被相続人が少なくとも2年間死亡している場合、より大きな財産は要約管理の資格を得ることができます。 債権者が被相続人の財産に対して請求を提出するための時効は2年であるため、正式な管理の請求手続きの必要はありません。

シンプルさとはるかに短いプロセスのために、要約管理の費用は正式な管理の費用よりもかなり少ないです。 弁護士費用は減額されます。 手数料を支払う個人的な代表者はいませんし、債権者に通知を公開する費用はありません。

フロリダ州の要約管理プロセスの詳細については、ここをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。