3Dモールド生成

インデックス可能なナイロンVac-Lok™クッション(CIVCO Medical Solutions,Coralville,Iowa)固定システムと社内の犬特異的咬合ブロック固定装置を用いて、頭頸部、身体、四肢を強固に固定した。 3D型の生成のために、全身のコンピュータ断層撮影(CT)のイメージセットは得られました。 患者全体を大口径(8 0cm)のCTスキャナ(Siemens Somatom Definition A S)で走査した。 画像セットは、VelocityAI(Varian Medical Systems Inc.)に転送されました。 カリフォルニア州パロアルト出身。)輪郭を描くことのためのワークステーション。 最初の3D鋳型足場を生成するために、患者の表面を輪郭を描き、空気中に1 0mm膨張させた(図1 0A)。 1a)。 最終的な印刷のために3D鋳型足場を調製するために、3D鋳型輪郭を、3DSlicerを使用して3Dメッシュに変換し、Meshmixer(Autodesk,San Rafael,CA.)を使用して4つの別々の相互接続)を使用して3D印刷用の立体造形ファイルに変換した(Cincinnati,O H.)、およびre:3D(AUSTIN、TX。)の製造-印刷用(図1)。 1b-d)。 型はおよそ1.09g/cm−3および100のinfillのパーセントの固まり密度のpolylactide(PLA)のフィラメントを使用して製造されました。

図。 1

3Dモールドの生成とワークフロー。 a患者の表面の輪郭および空気への10のmmの拡張は全身CTのイメージセットを離れて発生した。 4つの別々の相互接続されたシェルコンポーネントへのb3Dメッシュ変換とセグメンテーション。 製造のための例の3Dプリンターに輸出されるCのStereolithographicファイル。 d患者の印刷されたシェルが組み立てられ、臨床使用の準備ができている

ヘリカルtomotherapy計画

ヘリカルtomotherapy治療計画(v.4.0.4。 株式会社トモセラピー Madison,W I)3D印刷された鋳型内に封入された患者の全身のCT画像セットを取得した。 画像セットは、標的および正常組織の輪郭形成のためにVelocityAIワークステーションに転送された。 肺、心臓、肝臓、腎臓、脾臓、腸、胃、膀胱、脳、脊髄、眼、推定骨髄腔(頚椎/尾頭骨、胸椎/肋骨/胸骨、腹部椎骨/骨盤、肩甲骨および大腿骨)、甲状腺、および水晶体(他のボリュームの中でも)は、リスクのある臓器(オール)として輪郭を描かれた。 臨床標的体積(CTV)は、体表面全体を含み、皮下に3mm延長した。 セットアップの変動性および呼吸運動の影響を説明するために、CTVを2mm等方的に拡張して、計画目標体積(PTV)を形成した。 オールまたは標的構造を表すのではなく、線量最適化のための計画ツールとして厳密に使用される三つの拘束輪郭(PTVの皮下側から内側に10mm、15mm、および20mm 2a)。

図。 2

ヘリカルtomotherapy計画ワークフローと評価。 3D印刷された型の内で含まれている患者。 三つの計画輪郭(PTVの皮下側から内側に10mm、15mm、および20mmの拡張)は、患者のコアへの用量を制御するために使用されました。 bターゲットの線量の容積のヒストグラム(DVH)、危険にさらされた個々の器官(オール)、および処置の時間実際のビームで。 患者内の用量分布のCカラーウォッシュ

最初は、27Gyが15画分で配信され、週に4回はPTVの92%に処方されました。 正常な組織用量の制約は、以前に報告された様々なオールに対する臨床許容範囲に基づいている。 治療計画の最適化に使用されるフィールド幅、ピッチ、および変調係数は、それぞれ5.0cm、0.430、および3.5であった。 用量容積ヒストグラムおよびアイソドース線を、標的および個々のOarについて評価した(図1 0A)。 2b-c)。 治療からの正常組織毒性を評価し、Veterinary Cooperative Oncology Group–Common Terminology Criteria for Adverse Events v1.1に従ってスコア化した。 第8画分後の血液学的毒性のために、回復を可能にするために治療中断が設けられ、処方および頻度が変更された。 残りの7つの画分は、画分あたりの用量を1.8Gyから1.4Gyに減少させ(計画は示されていない)、画分のサイズおよび治療中断からの生物学的効果の損失を補うために、残りの画分の数を7から9に増加させた。

画像ガイダンス

患者の位置決めとセットアップは、ヘリカルtomotherapyマシンに統合されたオンボード容積megavoltage CT(MVCT)システムによって検証されました。 毎日のMVCTスキャン(各毎日のスキャンのためのボディ領域へのおよそ3cGy)は尾状に後肢に目のレベルから頭蓋的に行われました。 画像融合は、放射線腫瘍専門医によって評価され、任意の適切な並進シフトが、治療送達の前に患者の設定に適用された(図1 0A)。 3).

図。 3

MVCTイメージガイダンスを使用した患者セットアップ検証。 処置配達前の処置の計画の輪郭とのMVCTのイメージの融合。 b患者登録は、治療配信前に計画CTとMVCTの間のミスアライメントを修正するためにシフト

麻酔

患者は、ブトルファノール(0.2mg/kg IV)で前投薬され、各治療についてプロポフォール(2-4mg/kg IV)でゆっくりと誘発された。 患者は挿管され、セボフルラン(2.酸素の5-3%)。 静脈内流体(乳酸リンガー溶液)は、麻酔(6ml/kg/hr)を通じて頭カテーテルを介して提供された。 患者が体型内に完全に配置されるまで手動換気を行った後、患者を1 7呼吸/分、1 0ml/kg、および1 9cm H2 0(Hallowell Ventilator)の吸気圧で機械換気に切り替えた。 監視は舌の脈拍の酸化濃度計の調査、前肢のoscillometric血圧の袖口、腹側の足のパッドのECGパッチおよび側面の流れEtco2(Vetrendsの最高の複数の変数モニター)を含んでいた。 体型は、IVカテーテル、ECGパッチおよびオシロメトリックカフの配置を可能にするために、近位前肢またはホックの遠位を越えて拡張しませんでした。 毎週のNova(Waltham,M A)を、麻酔のための患者の立候補を確実にするために、放射線療法の各週の開始前に実行した。 皮膚のみへの疾患の局在化(事前の病期分類によって決定されるように)および患者の肥満のために、3のASA物理状態スコアが最初に割り当てられた。</p><h3>用量測定</h3><p>患者特異的送達品質保証を、放射色性EBT3フィルム(Ashland,Covington,KY.(図示せず)計画画分送達用量を確認するための電離チャンバ測定。 相対平面線量プロファイルおよび絶対点線量測定値を、計算された平面アイソドースプロファイルおよび点線量と比較した。 許容可能とみなされるべき計画の許容値は、測定された点線量およびガンマ値</=1の90%の30%アイソドース線内にあるすべての点の3%および3mmの検索基準を用いて、3%および3mmの範囲内にあるすべての点について+/−3%であった。 複数のタイプの線量計は生体内の測定のために考慮できたがnanodot™のthermoluminescent線量計のサイズ、appositionalの配置の容易さ、処理および独立した正確さはそれらを理想的 さらに、線量計に固有の用量の不確実性は、古典的なTSEBT患者が日々経験する変動および患者対患者の変動の下で十分である。

応答と毒性

Twenty-seven grayはJuly13th、2015年からSeptember23rd、2015年に患者に送達されました。 部分的な応答は、4つの画分の後に顕著であり、腫瘍は、治療の終了までに、治療領域全体にわたって完全に退行した(図1 0A)。 4a-c)。 病理学的応答のためのフォローアップ組織学は、クライアントの要求に応じて行われませんでした。 等級1の無気力、疲労、減量および口頭粘膜炎および等級2の脱毛症、釘/爪の変更、pruritus、スケーリング、食欲不振および下痢は処置のカップルの週の間にそして内 さらに、グレード3血小板減少症は、治療の継続および完了の前に6週間の治療中断および処方変更を必要とする画分エイト後に発症した(表1、2、3、4お 臨床的に関連性のある異常な肝臓または腎機能はなく、特にアッセイされていないが、治療中または治療後に検出された甲状腺または下垂体軸機能不全の臨床徴候および安楽死の時期に至る事象の前のフォローアップ期間はなかった。 支援措置が提供され、グレード1とグレード2の間で変動した脱毛症および血小板減少症を除くすべての毒性は、さらなる事件なしに完全に解決された。 治療後の経過観察で一過性膿皮症を認めた。 TSPT治療の開始から、患者がcel(急性膵炎に関連する合併症)とは無関係に安楽死されるまでの13日、2015年(約123日)に、治療されたフィールド内の組織病理学によ

図。 4

治療の過程での治療応答。 全皮膚放射線の最初の画分の前に患者の疾患負担の例。 b第四治療の完了により顕著な改善があった。 c腫瘍は、プロトコルの完了により、さらなる結節形成を伴わずに全身にわたって徐々に退行した

表1獣医協同腫瘍学グループ-犬および猫における生物学的抗腫瘍療法に続く有害事象の一般的な用語基準v1。1
表2CBC値治療開始の30日前、治療中、治療休日nadirs、治療の最終日、およびTSPTの完了後30日
表2cbc値div>

表3血清化学値治療開始の30日前、治療休暇中、および治療の最終日
表4尿検査値30日 治療開始前および治療休日中
表5凝固値治療開始前および治療休日中

リスクのある臓器

様々なオールに対するtsptの最小、平均、および最大用量を表6に示す。

表6総皮膚光子ビーム放射中に危険な臓器に送達される予定用量

皮膚の表面への独立した線量検証

皮膚への表面線量は、皮膚に沿って六つのnanoDot™線量計を配置することによって検証された。患者の背側表面および腹側表面を表7に列挙する。 第一の処置画分の前の線量計の腹側配置は、図1 0Aに示されている。 5.

表7皮膚表面への二次線量検証最初の送達時に、nanoDot™線量計は、古典的なTSEBTの不確実性が存在する領域またはギャップが存在する可能性のある金型の交差点に配置されました
図。 5

Ventral nanoDot™ placement for in vivo dosimetry and secondary verification prior to the first administered fraction of total skin radiation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。