社会学と人類学人間とその社会内の行動は、多くの研究者、特に社会学者 人類学は、文化、身体的特徴、相互作用、言語、行動などに関して、人間とその進化について学ぶ知識の一分野です。

人類学は広範な研究分野であり、その主題は過去と現在の両方の「人間」です。 多くの人は、社会学は人類学と同じだと考えていますが、実際には社会学は人類学のサブドメインです。社会学は、組織化されたグループ、その機能、起源、相互作用、問題などを研究する社会科学です。

社会学は、組織化されたグループ、その機能、起源、相互作用、問題 この記事の抜粋では、人類学と社会学の違いについて説明します。

コンテンツ: 社会学Vs人類学

  1. 比較チャート
  2. 定義
  3. 主要な違い
  4. 結論

比較チャート

比較のための基礎 社会学 比較のための基礎 社会学 比較のための基礎 社会学 比較のための基礎 社会学 比較のための基礎 比較のための基礎 比較のための基礎 比較のための基礎 比較のための基礎 人類学
意味 社会学は、人間社会の開発、構造、相互作用と操作を研究する規律です。 人類学は、人間とその前任者を時間をかけて研究し、その進化、文化、特性、関係などについて研究する学問です。
科学 社会の科学 人間進化の科学
人間の行動は、 グループレベルで研究されています 個人レベル
目的 政策 人間の多様性と文化の違いについて知ること。
Studies Both preliterate and literate society Preliterate society
Research method Qualitative and Quantitative Qualitative

Definition of Sociology

Sociology is a behavioural science which deals with the social lives, changes, interaction, causes and outcomes of human behaviour. 基本的に、社会学は、人々が社会の中でどのように相互作用するか、そして社会構造、カテゴリなどに応じて個人の行動がどのように揺れるかを研究し

社会学者は、コミュニティ、社会などの組織化されたグループの重要な要素の変化を観察し、調査することによって、社会の構造、パターン、プロセス、組織、

社会学は、人間社会、社会的行動、相互作用、構造、プロセス、関係のパターンとその形態について知る科学的な研究分野です。 社会学を研究する個人は社会学者と呼ばれています。 社会学者によって収集された社会的事実には、社会秩序を構成する態度、価値観、信念、規範、伝統、制度などが含まれる。

社会学は、コミュニティの信念と実践、社会的移動性、層別化、変化、障害/不安などの多くの社会問題に対処するのに役立ちます。

人類学の定義

人類学とは、人間の進化と発展、行動とコミュニケーションの方法、従う文化、動的な環境にどのように適応するか、どのように社交するかなどに関する体系的な研究を指す。 物理的、社会的、文化的に。

さらに、先史時代の起源、種としての人間の独自性、現代の人間の多様性も扱っています。

さらに、先史時代の起源、種としての人間の独自性、 より細かい言葉では、人類学は、生物学的および社会文化的側面の面で”人間”の研究です。人類学を研究する個人は、人類学者として知られています。

人類学を研究する個人は、人類学者として知られています。 人類学者は、私たち人間を作るものとして、人間の起源と古代についての詳細を探求しようとします。 そして、彼らは考古学的調査と世界中の文化を分析することによって私たちの祖先を研究することによってそうします。

人類学の枝

  1. 物理人類学:物理人類学の主題は、人間の体、祖先の特性とグループ内の男性の状態です。 それは5つのサブブランチに分かれています:
    • 人間の遺伝学
    • 人間の古生物学
    • 民族学
    • 人体測定
    • 生物測定
  2. 文化人類学:用語自体は、人間の文化を主題とする人類学の一分野としての文化人類学を示唆している。 それは文化の歴史、進化、発展を研究しています。 文化は、共有された習慣、道徳、規範、伝統、価値観、信念、兆候、シンボル、言語、宗教、科学、文学などを意味します。 グループの。 文化人類学は二つのサブカテゴリに分かれています:
    • 先史時代考古学
    • 社会人類学

社会学と人類学の主な違い

社会学と人類学の違いは、以下の理由で明確に描くことができます。

  1. 社会学とは、社会、その構造、関係のパターン、相互作用などを研究する社会科学を指す。 日々の生活の。 それどころか、人類学は、人間の起源、発達、行動に関して研究する社会科学です。
  2. 社会学は、相互依存、すなわち社会に住んでいる人々に関係しています。 逆に、人類学は、人間とその祖先を、どのように進化し、どのように適応し、どのように相互作用し、どのように他の種と異なるかについて扱っています。
  3. 社会学者は人間の行動を研究するが、グループレベルまたは社会レベルでの原因と結果に関しては、人類学は個人レベルで同じことを研究する。
  4. 社会学は、政策を通じて社会問題を取り除くことを目指しています。 一方、人類学の主な目的は、人間の多様性と文化の違いについて知ることです。
  5. 社会学は、前文学者と文学者の両方、すなわち現代社会と古代社会を研究しています。 反対として、人類学の研究は、すなわち未開の、古代の、原始的な社会を前文化するだけである。 ここでは、preliterateは、コミュニケーションの媒体としての書き込みの使用を開発していない社会や文化を示しています。
  6. 社会学者は、研究目的のために定性的および定量的方法の両方を使用します。 対照的に、人類学者は定性的な方法のみを使用します。

結論

一言で言えば、人類学は「人間」の研究です。 それは祖先の社会学を含む人間のすべての側面と特徴を研究しています。 一方、社会学では、人間のパターン化された共有された行動、そしてその社会生活、社会変化、社会的移動性などを研究しています。p>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。