• NSPersistentContainer – Core Data stackと呼ばれるCore Dataを扱うための機能が全部入ったおトクなクラス。
  • NSManagedObjectContext – データを生成、保存、取得するスペース。このオブジェクトから操作を行う。 NSPersisitentContainer内にviewContextというプロパティがあるので、自分で作る必要なし。
  • NSFetchRequest – データを取得する際に作る必要なるオブジェクト。
  • NSEntityDescription-Entityの詳細を表すクラス。———–xcdatamodeldファイルにあるEntityのこと。
  • DataController – 上記をまとめて扱うためのカスタムクラス。以下で解説します。

(参考までに)iOS 10以前に触る必要のあったクラスたち

  • NSPersistentStoreCoordinator – データを保存するストレージ (Persistent storeと呼ぶ) と上記のManaged Object Context(たち)を取り持つ人。
  • NSManagedObjectModel – Entityの集合を管理するクラス。

方針

DataControllerというクラスを作って、その中ですべて完結するようにすると、扱いやすいと思います。
プロジェクトを新しく作成する時に”Use Core Data”にチェックを入れるとAppDelegate.swift内にCore Data関連のコードが追加されますが、それだといちいちAppDelegateにアクセスしなければならないしAppDelegateの本来のコードと混ざって紛らわしいので、クラスにまとめたほうがよいとドキュメントにも書いてあります(こちら参照)

初期化

DataControllerクラスの初期化は以下のようになります。"DataModel".xcdatamodeldのファイル名から拡張子を取ったものです。

DataController.swift
import UIKitimport CoreDataclass DataController: NSObject { var persistentContainer: NSPersistentContainer! init(completionClosure: @escaping () -> ()) { persistentContainer = NSPersistentContainer(name: "DataModel") persistentContainer.loadPersistentStores() { (description, error) in if let error = error { fatalError("Failed to load Core Data stack: \(error)") } completionClosure() } } // 以下もっと追加していくよー}

DataControllerを生成するタイミングですが、とりあえずAppDelegateの先頭でやってみます。

AppDelegate.swift
func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: ?) -> Bool { dataController = DataController() { // なんかしたいことあれば } //... return true}

Managed objectの生成と保存

DataController.swift
func createEmployee() -> EmployeeMO { let context = persistentContainer.viewContext let employee = NSEntityDescription.insertNewObject(forEntityName: "Employee", into: context) as! EmployeeMO return employee}

NSManagedObjectのサブクラス化

サブクラスにアクセスすることでプロパティ(属性)に直接アクセスできるようになる。
Xcode 9だとEntityを追加した時点で自動的に作られるので、特別な処理をしない限り自分で書く必要はないかも。

class EmployeeMO: NSManagedObject { @NSManaged var name: String?}

NSManagedObjectインスタンスの保存

DataController.swift
func saveContext() { let context = persistentContainer.viewContext if context.hasChanges { do { try context.save() } catch { // Replace this implementation with code to handle the error appropriately. // fatalError() causes the application to generate a crash log and terminate. You should not use this function in a shipping application, although it may be useful during development. let nserror = error as NSError fatalError("Unresolved error \(nserror), \(nserror.userInfo)") } }}

NSManagedObjectインスタンスの読み込み

NSFetchRequestオブジェクトを作ってcontext.fetch()を呼ぶだけ。

DataController.swift
func fetchEmployees() -> { let context = persistentContainer.viewContext let employeesFetch = NSFetchRequest<NSFetchRequestResult>(entityName: "Employee") do { let fetchedEmployees = try context.fetch(employeesFetch) as! return fetchedEmployees } catch { fatalError("Failed to fetch employees: \(error)") } return }

結果のフィルタリング

let employeesFetch = ... の後にこれを追加すればフィルタをかけた結果が得られる。

DataController.swift
let firstName = "Trevor"employeesFetch.predicate = NSPredicate(format: "firstName == %@", firstName)

結果の絞込みだけでなく、NSManagedObjectの替わりにDictionaryを返すよう指定もできる。DictionaryにEntityの特定のプロパティだけを含むよう指定することもできる。

カスタムManaged objectの生成と変更

Xcode 8, iOS 10以降はXcodeでCore Data Modelを作ると自動的にNSManagedObjectのサブクラスまたはExtensionが生成される。それらのファイルはプロジェクトに含まれず、Build時に作られる(こちら参照)。

Codegen_2X.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。