チュートリアルを開始する前にGnuPG(GPG)をインストールする必要があることに注意してください。以前の記事では、PGP/GPGを使用して文書またはファイルに署名して検証することについて説明しました。 この記事では、メッセージをクリアする方法を紹介します。

この背後にある理論は、ファイルに署名する理論と非常によく似ていますが、clearsigningではファイルではなくメッセージに署名することができます。 これは、ツイート、ブログ投稿、またはそのような性質の何かに署名したいときに理想的です。GPGはこの方法を次のように説明します。

デジタル署名の一般的な使用法は、usenetの投稿または電子メールメッセージに署名することです。 このような状況では、署名中に文書を圧縮することは望ましくありません。 –Clearsignオプションを指定すると、文書はASCII形式の署名でラップされますが、それ以外の場合は文書は変更されません。クリアサインを作成するには、次のコマンドを使用します。

gpg–clearsign doc。txt

ここで”doc。txt”は、clearsignするメッセージを含むファイルです。 これは”doc”を出力します。txt。asc”ファイルが開くメモ帳またはその他のテキストエディタ、メッセージの署名は、下記フォーム:

—–BEGIN PGP署名のメッセージ—–
ハッシュ:SHA256

こんにちは, これはPGP clearsignedメッセージ。—–開始PGP署名—–バージョン: GnuPG v2

iQCxI0qdhZJRpAJYTrByv1tlgaf3S0Y08vh/qU6P4H/1IHij12+gUul9Y9x86Uo9Ko
yKmaXFF6wFZtepBG5Dgbi//8kvi7I6ynZctsB7wib9yoUfmqJoxPwXOD8al0qHm3
1bCxI0qdhZJRpAruVOnfzKMQDhUceR/VWK6wEtUehXgW+4fiUCTmboNz2cnv1 9vQ+eZrtbrq2aZvzKMQDhUc+r2dH5BTdLOXfPEqRLuWMIGQMJHyNFS4JAOWfdYnP
YyPMD880lhKl+8bLI/XZMih6f+9jOkFE8wFHN+UAVVn5sZ6TwmDJCFAxdLbQDvs/
OWQTJDDxIkxaDaS0vwrJ4L+m2yv1tlgaf3S0Y08vh/qUYn1Ov3Y6X0Rl/CQnq3M=
=jSBM
—–END PGP SIGNATURE—–

You can now copy all of this text over, and you have a メッセージをクリアしました!

クリア署名されたメッセージを確認するには、次のコマンドを入力します。

gpg–verify doc。txt。asc

そして、それが検証可能であるかどうかを教えてくれます。 それはあなたに分離された署名を持っていないファイルについての警告を与えるでしょう、しかしあなたは最初の行が”良い署名”またはその程度の何かを言っているならばあなたはその警告を無視することができます。

ボーナス:分離された署名を作成する方法

GPGはこの方法を説明しています:

署名された文書の有用性は限られています。 他のユーザーは署名されたバージョンから元の文書を回復する必要があり、クリア署名された文書であっても、署名された文書を編集して元の文書を回復する必要があります。 したがって、分離された署名を作成する文書に署名するための第三の方法があります。 デタッチされた署名は、–detach-sigオプションを使用して作成されます。デタッチされた署名を作成するには、次のコマンドを入力します。

gpg–output doc。sig–detach-sig doc.txt

ここで”doc。txt”は、デタッチしたい文書です-signとdoc。sigは分離された署名です。

そのような文書を検証する(文書とデタッチされた署名ファイルの両方を使用する)ことができます:

gpg–verify doc。シグ-ドクp>

バム、あなたは完了です!

iv id=”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。